読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHINTAMAN BLOG

休学して、留学せずに流楽してた人。世界一周から帰国🇯🇵 THANKS DUDE

スポンサードリンク

ヒッチハイク1日目 〜パリ→バルセロナを目指して〜

 
前回あらすじ

 

高速道路の入り口へ

とりあえずヒッチウィキで目星付けてた高速道路の入り口へ向かいます。

 

向かってる途中、、、

おしゃれな看板に遭遇、、

f:id:shintaman1229:20161125172121j:image

え、マン、、、、笑笑

 

f:id:shintaman1229:20161125172123j:image

 

マンゲ! デス !ボン!!

意味気になるわぁ〜笑笑

 

電車で高速道路の近くまで行って、そこからは歩いて🚃→🚶

 

なんかメトロに血痕あってんけど、

日本やったら、誰か鼻血出たんやろなぁ〜

って感じやけど

 

外国やと、うわっ!喧嘩!?事件!?って

思っちゃう笑 

f:id:shintaman1229:20161125172126j:image

ビビりすぎ笑笑

 

f:id:shintaman1229:20161125172133j:image

 

結構、駅構内で演奏してる人見かける

謎の音楽隊

 

f:id:shintaman1229:20161125172139j:image

メトロはこんな感じ

f:id:shintaman1229:20170107190128j:image

 

高速道路の最寄り駅に着いたら、地図見ながら適当に

ヒッチハイクできそうな所探して歩く。

 

f:id:shintaman1229:20161125172220j:image

高速道路まで歩くのもそこそこしんどい。

 

f:id:shintaman1229:20161125172230j:image

f:id:shintaman1229:20161125172241j:image

チョリーッスってしてるキリスト?がおった笑笑

f:id:shintaman1229:20170107184139p:image

な、絶対してるやろ😁

 

そうこうしてたら、

高速道路っぽい所を見つけたので、

とりあえずダンボール出して、、、と。

 

ヒッチハイク開始〜!!!

 

 

 

劣等感 

 

え、なにこれ。恥ずかしい。。

 

ヨーロッパの高速道路の入口の道路沿いでアジア人がダンボール掲げてる。。

 

(変な中国人いるとか思われてんのかなぁ)

 

結構行く人行く人に見られるけど、なんか変な顔される。。

 

あれ、、、こんな惨めなんや。。

 

開始5分でほんまに嫌になってきた。笑

 

初ヒッチハイクを海外でやる事自体無謀なんかなぁ。。

 

、、、、、と、その時!!

 

道路沿いのビルから1人の男性が出てきて、

俺の方へ歩いてきた。

 

なにやら、フランス語と英語を混じりながら話しているよう、、、必死でジェスチャーで俺に伝えようとしてくれてる。

 

たぶん、ここじゃ捕まらないよ!ここは高速道路の入口じゃない。向こうの橋を渡った所に良いところがある!

 

って、雰囲気やったので

 

 

オッケー!センキュー!と言って、

言われた方向へ進んでいった。

 

 

確かに、歩いていけば橋があって、交差点があり、車がつかまりそうだった。ほんまにここがあってるんかはわからんけど、なんとなくいけそう!(ヒッチハイクした事ないけど)

 

俺は再度、ダンボールを掲げた

 

色んな反応をしてくれた。

 

手を降ってくれるトラックの運ちゃん。

嫌そうな顔してくるおっさん。

指でダメってやってくるおばちゃん。

無視して走るお姉さん。

 

反応がある方ので、少しずつ楽しくなってきた。

 

だけども、やっぱり捕まらない。

 

あ〜、何してんねやろ俺。こんな所で。

 

ふと、遠くを見ると、

1枚の紙を持って、道路沿いに立ってる男がいるでは無いか!!

 

同じ、ヒッチハイカーや!!!

 

ここは、捕まえれる所なんや!

ここは、正解やったんや!

 

よっしゃ!負けへんで!

 

 

 

救世主現る

 

それから、またヒッチハイクをしていたが、

いっこうに捕まらない。

 

すると、向こうにいたヒッチハイカーがこっちに向かって歩いてきた。

 

彼は俺に話しかけてきた。

 

どこに行くつもり??

 

バルセロナ!

 

俺はオセールっていう所に行きたくて、方向は一緒だから、2人でヒッチハイクして

捕まえれたら一緒に乗ろう! 

 

って言ってきた。

もちろん即答でオッケー!やった。

 

よっしゃー! 力強いパートナーゲットや!!

 

俺の名前はエティーヌ。ATNで覚えて!

 

君は?

 

しんたろう!

 

軽く挨拶を交わしてそれぞれにまたヒッチハイクを再開した。

 

エティーヌは、すごかった。

 

海外のヒッチハイクとは、こーゆーものなんか!って思わされた。

 

俺は、ただ突っ立ってダンボール持ってるだけ。

エティーヌは、赤信号で車が止まったら横断歩道で、けん玉パフォーマンスしては、紙を出して連れて行ってくれる人を探してた。

 

f:id:shintaman1229:20170107190920j:image

 とにかく、動いてた笑笑

エティーヌは、通りくる運転手への主張が激しかった。時には会話もしてた。だが、車は捕まらなかった。

 

エティーヌは、俺にちょっとバンクに言ってくると言って、反対車線側の銀行へ入っていった。

 

その間も俺は、ダンボールを掲げた。

エティーヌのように派手にはできなかった。

色んな感情が邪魔をしてきた。

そして何より、結構、惨めで恥ずかしかった。

 

エティーヌがいなければ何にもできひんのかよ俺。って思ってた時、目の前に

一台の軽自動車が止まった。

若い男性1人が乗っていた。

 

窓を開けて、

 

どこ行きたいの??少しだけでも乗っていく??

 

えーーーーーーー!!!

まじか!!

 

 

とまってくれた!!

 

はい!乗せてください!

あ、ちょっと待って!2人乗ってもいい??

 

うん!乗っていいよ!

 

やった!やった!

めっちゃ嬉しい!

 

エティーヌがちょうどバンクから出てきて、

急いで、道端に置いてた大きなバックパックを担いで、2人は車に乗り込んだ。

 

 

 

こうして、パリからバルセロナへのヒッチハイク旅の1歩がようやく踏み出されたのであった。

 

 

 

 

 

 ↓ポチッとよろしくお願いします❤️僕のページが多くの人に見てもらえるシステムです😆
にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索