読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHINTAMAN BLOG

休学して、留学せずに流楽してた人。世界一周から帰国🇯🇵 THANKS DUDE

スポンサードリンク

悲劇は終わらない。。

前回あらすじ

 

 宿の場所

 

ほんまに疲れた。

心臓がまだドクドクしてる。

 

maps.meでは宿にたどり着いてるのに、見つけられない。

同じところをグルグル歩きながら宿を探し続けた。

 

やっと、宿を見つけたのだが

そこは、

さっきツバかけ強盗にあった場所の目の前だったのだ。

 

なんという不運、、、

 

【ヴィクトリアパーク ゲストハウス】

 

f:id:shintaman1229:20170509152619j:image

(ヨーロッパのホステルはでかい看板とか出てなくて、このように近くには来てるのに見つけにくい事が多い)

 

インターホンを押し、中に入りレセプションに行くと、

2人のインド人らしき男たちが受付をしてくれた。(他にいたスタッフもインド人顔)

 

f:id:shintaman1229:20170509152804j:image

 

どいつもこいつも悪者に見えてくる。

 

f:id:shintaman1229:20170508142809j:image

 

レセプションで名前を教え、パスポートを渡すも、

なぜか全く部屋へ連れて行こうとする気配が無い。

 

ん?

 

おい、もしかして予約されてないとか?

 

ノープロブレム!ノープロブレム!

 

こーいう時の外人のノープロブレムほど信じられないものは無い。

 

f:id:shintaman1229:20170508143146j:image

 

まぁまぁティーでも飲んで!

 

 

なぜ??

なぜ、部屋につれていかない。

 

こっちはメンタルズタボロではやくベッドで横になりたいのに、、、

 

ていうか、はやく安心できる空間に行きたいのに、、、

 

なぁ、大丈夫なん?

 

ノープロブレム!ノープロブレム!

 

1人のインド人風の男がレセプションでコンピューターで色々確認しているのを見ると、

きっと予約がされてなかったのか、

部屋が余ってないのかのどちらかである事はだいたい分かった。

 

何やらインド人風の男達が2人で話していたが、その内1人が

よし、ついて来い!と言って、

宿から出ていった。。

 

f:id:shintaman1229:20170509152828j:image

 

は??

 

 

なぜか別のホテルへ

 

その男について行くと、

目の前にある、別のホテルに連れてこられた。

 

f:id:shintaman1229:20170509152845j:image

 

おいおいマジかよ。

 

晩飯と朝飯は付いてるから、その時だけこっちのホテルに来いよ。って言われた。

 

別のホテルのスタッフはこれまた

インド人顔。。。。さらにロン毛。胸毛も濃い

 

個人的な偏見やけど、インド人顔って信頼できひんねんなぁ、、(過去のトラウマから)

 

そのスタッフが何やら奥の部屋でガサゴソし始めて、掃除をし始めた。めっちゃ急いで。

 

 

掃除ができたからか、

オッケー!こっちだ!

 

って言われて連れられた部屋が、、、

 

 f:id:shintaman1229:20170508144517j:image

 

薄暗い窓なしの部屋、、

 

扉の前にはprivateと、、

 

絶対スタッフルームやん、、

というより物置、、、リネン室、、

 

 同じ料金払ってんのに。。

 

なんか損した気分。

 

でも、

とりあえずは宿に着いて一安心したわ。

 

 

 

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ポチッとよろしくお願いします❤️僕のページが多くの人に見てもらえるシステムです😆
にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索